支援活動


4月2日(土)朝6時30分。

東京の舞台監督間瀬さん、夜通し走りでっかいパエリア(パエジャ)板持って仙台に駆けつけてくれました!!


早川美紀ちゃん、新潟に単身赴任中のご主人まさやさん。プリウス満タンにして携行缶20リットル用意して、佐々木由利さんと、朝7時稽古場を出発です。




前もって石巻に連絡をいれて、火を使えるところ、人数が100人までの所・・・ということで、間瀬さんと私は、石巻図書館を目指した。

他地域は女川・南三陸は道路がまだ不通かも知れない・・・七ヶ浜の国際村に電話をしても繋がらない・・・


早川ご夫婦・由利さんは直接国際村に寄って、物資は足りているか?炊き出しは必要か?を確認に行ってもらい、後で、石巻で合流することにした。


石巻に着いて、町の中が泥だらけ、3週間たっても家は傾いたまま・・・


図書館でカホン工房アルコの青沼さんが待っていてくれ、すぐ火の準備!!


100人分のパエジャ。



パエジャの準備をしながら、青沼さんが、

「あと5分遅かったら・・・。」

っと話をしてくれた。

「店の1階は水が入り、カホンも水に浸かってしまった。ほんの少ししか残ってないけど…」

っとカホンを持ってきてくれました。ずっと欲しかったので、2つ譲ってもらいました。早川さんも1つ!!

子供たちも、カホンを見たり、カメラに興味深々。スタジオの真理ちゃんも、京都の親戚から譲ってもらった車で元気に顔を出してくれました。



急いで、片付け次の七ヶ浜に・・・。

七ヶ浜に向かう車の中から、石巻の街中を眺めました。石の森章太郎マンガ館だけが、白く残っていました。橋を渡ると何もない景色・・・。





言葉を失い、そのまま七ヶ浜に向かいました。

途中、車の渋滞。七ヶ浜の夕ご飯18時に間に合うのか??


七ヶ浜交際村センターに着くや、すぐさまパエジャの準備・・・。なんとか間に合いました!!しかも、とっても!!美味しく!!




250人分は、無理・・・。館長さんが、


「ここにおにぎりあります。パエジャとおにぎりに、味噌汁でいきましょう!!」

っと。なるほど、妙案です!!



館内アナウンスで、


「今日の夕食はモレーナフラメンコスタジオのパエリアです。」

うれしかった!!サポートに来ていた、モンキーマジックのメンバーと写真を一枚パチリ!!


2011年4月記載 : 仙台のフラメンコ教室 モレーナフラメンコスタジオ